カンボジア政府との交渉順調

カンボジア政府は暗号通貨に対し、非常に友好的。国家として正式にTOUREX COINと、COINYEX取引所を認定しようとしています。TUX GROBALオフィスにカンボジア政府関係者が訪問され、ご挨拶をいただきました。カンボジアは、自国通貨(リエル)と米ドルの2つの基軸法定通貨を持ち、米ドルで普通に買い物や銀行利用も可能。米ドルがごく自然に使われているので、世界中との取引が可能な受け皿があるということが、通貨取引所を公式に設立する有力な理由となっています。既存の暗号通貨とはことなり、初めての「政府公認(申請協議中)」取引所に基軸通貨として上場する”TOUREX コイン”。この暗号通貨を発行することにより、通貨流通量の安定供給と海外からも資金が集められ、その中核となるカンボジア経済そのものが発展するであろうと考えられています。一企業の利益というより、国単位で仮想通貨を使った世界へ、キャッシュレスタウンの実現に向けて、確実な一歩を踏み出しているのです。

 

取引所上場予定 2018年/ 7 / 1~

上場公開取引所

COINYEX(カンボジア 現時点で未公開)その他 複数取引所 上場予定

1TUX = 3.18USD

発行枚数 20,000,000TUX