事実上独占!カンボジア王国では仮想通貨取引所のライセンス取得が必要。現在、免許申請は、9月オープン予定のCOINYEX Co.,Ltd1社のみ。

TOUREXCOIN を発行するTUX GLOBAL社は、カンボジア王国での仮想通貨取引所の開設を2018年9月に予定しています。カンボジア王国において仮想通貨引所を行うためには、カンボジア国立銀行 (NBC)、カンボジア証券取引委員会 (SECC) 、国家警察に対して、免許取得を行う必要があります。同国仮想通貨取引所開設のための免許取得に向けて、早期に監督官庁へ申請を行っていた。申請を正式に開始した仮想通貨取引所は現在、COINYEX社の1社のみです。これを受け、免許取得後、決済に使える仮想通貨としてリアルタイムに対応、取り扱うことができるようになります。
TOUREXCOINも、いよいよ実用段階に入ります。TOUREXCOINは、世界中で決済に利用できる仮想通貨として、“キャッシュレスタウン”の実現に向けてステップアップします。
9月下旬には、カンボジアのSokha Phnom Penh Hotelで、COINYEXのオープニングセレモニー開催を予定しています。

 

TOUREXCOIN(https://www.tourexcoin.net) を発行するTUX GLOBAL社*1は、カンボジア王国での仮想通貨取引所(COINYEX社*2)の開設を2018年9月に予定しています。
カンボジア王国において仮想通貨取引所を行うためには、カンボジア国立銀行 (NBC)、カンボジア証券取引委員会 (SECC) 、国家警察に対して、免許取得を行う必要がある。出資金詐欺やサイバー犯罪、マネーロンダリングなどを未然に防ぐために、カンボジア王国からの免許取得が必須です。
同国仮想通貨取引所開設のための免許取得に向けて、早期に監督官庁へ申請を行っていた。申請を正式に開始した仮想通貨取引所は現在、COINYEX社の1社のみです。

 

これを受け、COINYEX社では、免許取得後、基軸となる仮想通貨をTOUREXCOINとし、その他にも多くの仮想通貨も取り扱う予定で、特にTOUREXCOINは、決済に使える仮想通貨としてリアルタイムに対応、取り扱うことができるようになります。

TOUREXCOIN を発行するTUX GLOBAL社の開発した TUX Platformでの仮想通貨が決済に使える仕組みとして、仮想通貨取引所の位置づけも大きく、仮想通貨取引所を中心に、決済代行会社、そして、1DB方式の確立により、TOUREXCOINも、いよいよ実用段階に入ります。

また、TOUREXCOINは上場を控え、最終段階に入っている。これまで、プライベートセールを経て、現在プレセールに入っています。

TOUREXCOINは、世界中で決済に利用できる仮想通貨として、“キャッシュレスタウン”の実現に向けてステップアップします。

9月下旬には、カンボジアのSokha Phnom Penh Hotelで、オープニングセレモニー開催を予定しています。

 

 

 

*1 TUX GLOBAL社:本社クアラルンプール。CEOは日本国内において外貨両替取引所TOUREX(https://tourex.jp)を運営している柞木昌治(SHOJI YUSUNOKI)氏。現地にて仮想通貨の発行、プラットフォームの開発、ビジネスコンサルティングなどの事業を手がける。

*2 COINYEX社:代表者のYIN SOTAPANHA氏。同氏は、カンボジア国内にて運輸、物流企業など数多くの法人企業を率いる。オーナーは日本国内において外貨両替取引所TOUREX(https://tourex.jp)を運営している柞木昌治(SHOJI YUSUNOKI)氏。
【TOUREX】  https://tourex.jp
【TUXGLOBAL】  http://tuxglobal.net
【TOUREXCOIN】  https://www.tourexcoin.com